【ブラトップで垂れるの実体験】授乳中・産後のママに届け!ケアで防ぐ方法

ブラトップで胸が垂れる?

ブラトップ。いわゆるカップ付きインナーのタンクトップやキャンソールはユニクロが有名ですが、今や色々なメーカから出ているほど人気。

MICO

私も妊娠中からたくさんお世話になりました

でも、「ブラトップ使いすぎて産後に胸が垂れた」ってママさんの話しをよく聞くから心配で・・

MICO

そうなんですよね、私も友人と集まるとその話しが出ます・・そして私もその経験者です(泣)

そうなんです!

着心地も身体を締め付けず楽チン、でもホールド力もそれなりにあるので、妊娠中から授乳中、産後まで使いやすいんですよね。

でもその着心地の良さにハマって「ブラトップのみ」を使い続けていると、数年後に後悔するかも・・

そこで、後悔真っ最中の管理人が、その体験談を元に

  • ブラトップで胸が垂れる理由
  • 垂れないためにどうする?
  • 産後の胸で後悔しないために

をご紹介します。「ブラトップってどうなの?」と気になるあなたのお役に立てましたら嬉しいです。

胸が垂れるのはなぜ?大きな理由は3つ

一人一人違うバスト。大きさも形も、柔らかさも、それを支える骨格もそれぞれ。

生活環境だって違うのですから、胸の下垂の原因はそれだけ違ってきます。

その中でも代表的な原因は下記の2点。

  • クーパー靭帯が伸びた、もしくは切れた
  • 乳腺がしぼみ脂肪も減った

 

それではひとつずつ見ていきますね。

クーパーじん帯が伸びたり切れると戻らない

クーパー靭帯とは

クーパー靭帯とは?

脂肪と乳腺を皮膚や筋肉につなぎとめている役割をしています。

クーパー靭帯はコラーゲンが主成分なので、悲しいかな一度伸びたり切れたりしたら、元の長さに縮んだり、元の状態に復元することはできないのです。 参考:https://www.bodybook.jp/

もう戻らないって聞くと絶望的・・

MICO

そうなんです・・なのでいかにクーパー靭帯を伸びさせないかが重要なんですって

 

加齢による乳腺のしぼみとハリの低下

次に胸が垂れる原因となるのがこちら。

30代以降は妊娠するしないに関わらず、乳腺やが萎縮して小さくなる一方で、ハリが低下します。

また、筋力や皮膚の弾力性も落ち、胸を支える力も弱くなる一方。

もし、出産を経験ならば、授乳期を過ぎると胸は役目を終えたと判断し、乳腺がしぼみ脂肪が落ちサイズがダウンするそう(><)

 

ブラトップで胸は垂れるの?

クーパー靭帯を伸びさせないために一番大事なのは、とにかく「サイズに合ったブラを着ける事」です。

ブラトップは思った以上にホールド感もあるのですが、「胸全体をきちんと支えているか」というと、その力はありません。

そうか・・ではブラトップの支えでは垂れる可能性が大きいのね

MICO

ブラトップだけで毎日過ごし続ける生活はリスクが大きいんです。私も注意しておけばよかった

でも・・私、胸のサイズは小さいんです。元々小さいなら垂れないのでは?

MICO

小さくても小さいなりに垂れてしまいます。やっぱりサイズの合ったブラを着けるのが大事
 

ブラトップはすごくいい商品です。着用後のシルエットもキレイ。

でも、胸をキレイに保つという点で言うと、ブラトップだけを使い続けると「垂れる可能性は大」という事ですね。

ブラトップのメリット

  • 締め付けがないので着心地も楽。リラックスできる。
  • 下着の透けを気にしなくていい。

ブラトップのデメリット

  • ホールド力が弱い
  • バストを全体を包めていないので、アンダーの境界線(バージスライン)が変化する
  • 背中や脇に流れていく

 

ブラトップで胸が垂れないためには?

ブラトップを使いたい、でも垂れたくない

ブラトップを使いつつも少しでも垂れないようにするには、きちんと使う時期や時間を選ぶことが対策になります。

例えばこんな感じで分けるといいです。

  • 家にいる間だけブラトップで外に外出する時は補正ブラを使う
  • 夜寝る時はナイトブラを使う

 

補正ブラを使ってみる

私は産後のバストの変化にショックを受け、補正ブラを試してみましたが、だいぶ気持ちが楽になりました!

補正ブラのレビューに関してはグラモア育乳ブラの効果は無い?卒乳後のアラフォーママが1年試した結果 でご紹介しています。

グラモアの効果を試したブログのアイキャッチ 【グラモア育乳ブラの効果は?】卒乳後のアラフォーママが1年試した結果

 

ナイトブラを使ってみる

せめて寝ている間だけは専用のナイトブラを使うのも対策の一つです。

背中や脇に流れないような補正があるナイトブラがおすすめです。

\寝ながら補正する/

 

でも今授乳中で、正直ブラを使い分けるほどの余裕がなくて・・

MICO

そうなんですよね、私もそうだったのでわかります!でもちょっとでも余裕ができた時にぜひ使い分けてください
 

 

いつかは来る胸の垂れに向き合うために:まとめ

妊娠前の女性や妊娠中のママさんへ

もし「クーパー靭帯が伸びたら戻らない、伸びないように注意する」ということを今知れたらラッキーです。

頭の片隅にその知識が入っているだけでも、今後少しでも気をつけようって対策もできます。それだけできっと綺麗なバストが残る可能性がグンと増えるはず^^

 

授乳中のママさんへ

妊娠中は「バストケアに気をつけよう」って思っていても、実際に赤ちゃんがいるとバタバタで、今はいかにストレスフルな環境にできることが優先になりますよね。

夜だって添い乳でほとんど胸出しっぱなしだったり、自分が楽な下着をつけるのが優先でいいと思います。

ただ、もし少し余裕ができたら、ブラトップじゃない授乳中でもしっかり支えてくれるブラジャーを着ける日もあったらいいと思います。

そして、断乳・卒乳して胸の状態が落ち着いたらすぐに、サイズの合った補正ブラをつけることを強くおすすめします。

私は長めにブラトップ生活をしてしまったために、自分のバストの変化にすごく後悔しています。

 

ケアをしなくて垂れてしまったママさんへ

しぼんだ胸を見るのは、やっぱりショックですよね。

「もう今さら、誰かの前で脱ぐわけじゃないし・・」なんて思っていても、やっぱりお風呂で鏡に映る自分を見て悲しくなるものです。

一度垂れてしまった胸は元に戻らないし、年と共に流れたりそげたりするのは仕方のないこと。

それでも、日頃から胸をきちんと支えるブラを着けることで、キープできるしリカバリーも可能だそう。

MICO

産後の胸で泣いていた方も、一緒にがんばってくださったら嬉しいです♪

 

以上「ブラトップで胸が垂れる?授乳中・産後のママに届け!ケアで防ぐ方法」の記事でした。

グラモアの効果を試したブログのアイキャッチ 【グラモア育乳ブラの効果は?】卒乳後のアラフォーママが1年試した結果