【小3英語授業スタート体験談】2020年小学校の英語教育改革で知っておきたいポイントは?

英語教育改革2020年のブログ記事

 

東京オリンピックが開催される2020年から小学校の英語教育が変わるのをご存知ですか?

英語の授業が小学校でも始まるのは聞いたけど実際なにが変わるの?

MICO

うちの子も小3で先行実施されているけど、教育改革の内容ってあまりわかっていないかも・・
 

文部科学省の英語教育の改革が先行実施されている私の周りでも、あまりよくわかっていないのが実状です。

「いつから何が変わるの?」

「うちの子にどんな影響があるの?」

「英語の授業はどんな感じなの?」

「小3英語の教科書ってどんな内容?」

と、いろいろと気になるポイントが出てきますよね。

そんなあなたに「最低限知っておきたい変更ポイント」と、2018年の先行実施で「小3の英語授業を学校で受けている我が子の感想」をご紹介します。

英語教育改革の背景とは?

文科省の英語教育改革の資料、読んでみると本当にわかりづらいです。

長文の中で大事なことはこの文科省の報告した英語教育改革の背景に集約されています。

○ グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべき。今後の英語教育改革においては、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の育成は重要な課題。

引用:文部科学省 グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言より

MICO

いろいろある中で簡単に言うと、こんな感じです

・グローバル化の急速な進展の中で、日本はアジアの中でトップクラスの英語力を目指していく。

・今学校教育を受けている生徒がが社会で活躍する2050年頃には、さらに外国語を用いたコミュニケーションを行う機会が格段に増えることが想定される。

そのために文科省は、小・中・高等学校を通じ、英語教育全体の充実を図る 「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」 を公表したというもの。

 

2020年、英語教育で変わる4つのこと

大学入試が4技能に変わる

2技能「聞く・読む」

4技能「聞く、読む、話す、書く」

現在の「聞く・読む」に「話す、書く」が追加されます。

今後は「聞く、読む、話す、書く」の4技能が総合的に評価される時代になります。

 

小3から英語の授業がスタート

年間授業時間:35時間(週1コマ程度)

小学校5・6年生で必修科目になっている「外国語活動」の授業が、前倒しされ小学3年生から始まります。

3.4年生は「外国語活動」となるので成績はつきません。

まずは英語に楽しく触れ、馴れ親しむところからスタートし、ここでは「聞く・話すこと」の言語活動になります。

 

小5から「教科英語」になる

年間授業時間:70時間

それが5・6年生では英語も国語や算数の様に「教科」なり、成績がつくようになります。

「聞く・話すこと」の言語活動にプラスして、「読む、書く」の文字指導が導入されます

 

中学・高校の英語の授業にも変化が

基本的に英語の授業は「英語で行うこと」になります。

高校ではスピーチやディスカッションといった自分の思いを伝えるという力も強化されます。

小学生から先を見据えた英語教育が始まるのね・・我が子がついていけるか正直不安

MICO

そうなんですよね・・最初で英語につまずくとずっと響きそうで私も心配しています

 

小学校3年生の英語授業の内容は?

小学生の英語先行スタートの教材

2018年英語授業の先行スタート地域である我が家の小学3年生も英語の外国語活動が始まりました。(東京公立小学校)

文部科学省の資料によると、小学校の英語教育の目標としてコミュニケーションや英語の音声や表現に慣れ、聞く力を育てる方向性になっています。

参考 2 小学校における英語教育の目標と内容:文部科学省

 

実際に小学校の英語ってどんなことをしているの?

MICO

地域によって差はあるかと思いますが、うちの地域の場合をご紹介しますね〜

 

週に1回外国人の先生による外国語活動

外国人の先生が週に1度来て、コミュニケーションが中心の授業です。

1〜2学期はクイズやゲームが多く楽しく英語に触れるのが中心で、書き取りはほぼないです。

4技能に関していえば、「聞くこと」「話すこと」をまず体験することになります。

 

こんな事を英語の授業でしています♪

  • アルファベットでカルタ遊び
  • 身体を使ってアルファベットの文字を表してクイズ
  • 簡単な単語の歌や挨拶のコミュニケーション

 

3学期になり少し英語に慣れてきた頃に、物語のDVDや外国人先生が言った一文をみんなでマネするといった「単語から短い文章へ」変わっています(╹◡╹)

小学生の英語の教科書【Let’s Try!】とは?

小学生の英語教科書LET’S TRY

「どんな教材で授業をしているの?」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

我が地域の先行導入の公立小学校では「Let’s Try! 」という教科書が使われています。その中の一部をご紹介しますね。

この教科書「Let’s Try! 」ではUnit1からUnit9まであり、後ろに付属の切り取りカードがついています。

小学校英語の教科書Let'stryの目次ページ

 

英語の教科書レッツトライで習うこと

  • 聞いてみよう
  • 映像を見て、考えてみよう
  • ゲームをしよう
  • リズムに合わせて言ってみよう
  • 英語で歌おう
  • 考えや気持ちを伝えあおう

 

具体的に各単元はこんな感じになっています♪

Unit1:Hello!

小3英語の教科書のUnit1

まずはあいさつから。

世界のいろいろな国のあいさつ知るところからはじまります。動画を見てどの子供がどの言葉であいさつをしたか当てます。

 

Unit2:How are you?

小学校英語の教科書Let'stryのUnit2

まだ内容的には本当に英語の初期という感じですね。きっと幼児の英語教室でも学ぶような内容かと思います。

 

Unit4:I like blue.

動画を見ながら正解を書き込んだり、お隣の席の子と、「英語で好きなもの・嫌いなもの」を聞く練習です。

 

Unit9:Who are you?

小学生の英語教科書

小学生の英語の授業内容

Unit9になると物語を利用して、短い文章が増えてきます。

3年生で英語の絵本くらいのものが出てくるんですね。

 

小3我が子の英語授業の感想は?

子供に「小学校の英語の授業ってどう?」と聞いてみると、うちの子はすでに少し苦手意識が出てきているようです。

ゲームや歌、クイズは楽しいのですが、「英語で話す」というのに慣れないとのこと・・。

MICO

すでに出てきている苦手意識・・この先がちょっと心配です

週に1度の学校の授業で外国人の先生と触れ合っても慣れるところまではいけないとなると、やはり家庭で英語に触れさせる機会があるか無いかの差が出てくるという危機感が感想です。

実際にここで言うまでもなく、幼児の頃から英語教育に力を入れている家庭は多いですし、周りのお友達にも英語を習っている子がたくさんいます。

我が家ではスマイルゼミのタブレットで家庭学習をしています。

英語もリスニングしながら学べ、子供が進んで勉強してくれるので満足しているのですが・・「英語を話す」といった事にはカバーできていません。

タブレット勉強ではカバーできない「話す」と言う部分を、これから検討していきたいです。

スマイルゼミで英語の勉強

 

MICO

カバーできないなんて言いつつも・・スマイルゼミは全体評価としてすごくオススメできます♪自発的に勉強するようになりましたよ!
スマイルゼミに関してはこれはこれでとても満足しているので、下の4才の子にもと検討しています。

新しくでた「すまいるぜみ幼児コース」の資料をを請求し姉妹で活用する予定です♪

興味のある方はこちらから無料で資料請求できますのでどうぞ^ ^

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

小学生の英語教育どうする?

英語教室に通う

子供のお友達でも人気の習い事である英語教室。

ネイティブの先生と直にコミュニケーションをとる事が必要だと実感した今、英語教室は候補にあげたいところ。

「聞く」「話す」ができて、外国人と触れ合う事ができる英会話教室は今更ながら魅力的です。

実際に、我が子のように幼児の頃に少し通って離脱してしまったけど再チャレンジの家庭も増えているとのこと。

教室が多すぎてどこがいいのかわからなかったので口コミを探したのですが、子供英語教室ランキング全18社を徹底比較したブログが参考になりました

MICO

無料体験があるようなのでいくつか行ってみようと思います
 

 

変わる英語教育改革のポイントまとめ

私たち親世代の英語教育と全然違う2020年の英語教育改革。

具体的に影響があるのは下記の4点でした。

  • 大学入試が4技能に変わる
  • 小3から英語の授業がスタート
  • 小5から「教科英語」になる
  • 中学・高校の英語の授業も変化

 

今後、「聞く、読む、話す、書く」といった4技能が総合的に評価される教育の中で、今まで以上に家庭での英語の取り組み方が表面化されてくるのではないでしょうか。

MICO

幼児時期から英語教育に力を入れているご家庭からすると、「なにを今更」という感じだと思いますが、小学生からでもまだまだ伸ばせることは多いです

我が家でも今後取り入れていく英語学習について、またご報告させていただきます♪

 

以上「【小3英語授業スタート ! すでに心配な体験談】2020年小学校の英語教育の変化で知っておきたいポイントは?」の記事でした。

「小学校の授業って実際どんな感じなの?英語教育改革って?」と気になるあなたのお役に立てましたら幸いです♪