【オクシモロン二子玉川店】混雑状況や待ち時間は?人気カレー店のメニューを大公開

OXYMORONオクシモロンの口コミ記事

鎌倉の人気カフェ、OXYMORON(オクシモロン)二子玉川店。

「玉川高島屋の7階屋上・・いつも並んでるよね」

「この前行ったら入れなかったよ・・」

私の周りにも聞こえてくる人気のカレー店ですが、実際にオクシモロンへ行って人気の秘密を探りました^ ^

行ってわかった混雑状況などは以下の通り。

  • 開店15分前でギリギリ入れた
  • 整理券があるので待ち時間は自由に過ごせる
  • カレーは病みつきになる味
  • 器が素敵で目でも楽しめる

いつも行列ができているのを見ていましたが、なぜそんなに人気なのがわかりました♪

「メニューは何があるの?」

「なんでそんなに人気なの?」

と気になるあなたのお役に立てましたら幸いです。

オクシモロン二子玉川は開店前でも並ぶ?

平日でも行列ができているオクシモロン。

11時の開店前から並んでる人がいると聞いて、10時40分頃に到着しました。

それでもすでに先に並んでいる人が3-4組み。私もギリギリ1巡目に滑り込みできました。

そのすぐ後に来たグループで1巡目の席は埋まってしまっていたので、日によってもちろん違いがあれど「平日でも開店前15分頃には席が埋まる可能性がある」ということがわかります。

ただ、カウンター席は開店後もいくつか空いていて、お一人のお客さんがちょこちょこ入っていました。

MICO

一人で来店なら、開店後も入れる可能性があります^ ^

ここからは受付の流れをご紹介します。

オクシモロン受付の流れ

開店前の受付は手渡しで整理券をもらう

オクシモロンの開店風景

10時40分頃に到着した時、定員さんが並んでいる人に整理券を配ってくれました。

その場で並んで待たなくていいので、開店まで高島屋店内のソファーに座って待ったり、お手洗いに行ったりと動けるのが嬉しいです。

メニューも渡してもらえるので入店までの間にチェックすることができます。

オクシモロンのメニュー

 

開店後の受付は店入口で整理券を発行する

オクシモロンの整理券受付

お店が開店した後の受付はお店の入り口すぐにある発券機で行います。

  1. 人数を入力して発券
  2. QRコードを読み込み自動受付システムにアクセス
  3. メールアドレスを登録する
  4. 順番が送られる

 

「迷惑メールの設定にしてるからメアド登録って面倒なんだよね」という方もいらっしゃるかもしれません。

でも発券してしまえば高島屋でウロウロとできるのでありがたいシステムです。

注意点

順番のメールが届いたら10分以内にお店に戻らなければなりません。

時間を過ぎてしまうと順番が前後したり取り消されたりといこともあるので、気をつけましょう。

オクシモロン二子玉川店のメニュー

オクシモロンのメニュー

メニュー表もシンプルでレトロ。

元々鎌倉店から始まったというのにぴったりなおしゃれな、メニューが並びます。

オクシモロンのカレーは3種類

オクシモロンのカレーメニューは3種類

 

辛さの選べるカレー

  • 和風キーマカリー:1,200円 根菜と豚ひき肉を使った、スパイス控えめのマイルドな味わい。とろりとした温泉たまごがたまらない
  • エスニックそぼろカリー:1,200円 スパイシーに痛めた豚そぼろに香り高い香菜や大葉、ねぎ、三つ葉を合わせたドライなカリー
  • 本日のカリー:1,500円

カレーは辛さを選ぶことができ、「甘口・中辛・辛口・大辛・激辛・激激」と選ぶことができます。

(エスニックそぼろカリーは中辛から)

他にはお好みでのオプションは下記の通りです。

  • 大盛り+200円
  • 温泉たまご+100円
  • 香菜+150円
  • おかわりごはん+200円
  • 小おかわりごはん+150円

MICO

「おかわりごはん」って後から追加できるのは嬉しいですね
 

手作りプリンも看板メニュー

オクシモロンのプリン

 

どれも美味しそうなデザートが並びますが、その中でも人気なのは「カスタードプリン」です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

♡Ai♡さん(@ai_mahalo)がシェアした投稿

昔からあるような、素材を生かした優しいプリンは濃厚でファンが多い逸品です。

私が行った時は時間がなくデザートまで食べられなかったので、次回はぜひ食べたい一つです!

 

オクシモロン二子玉川に平日に行った感想

OXYMORON二子玉川の感想

冒頭の受付で書きましたが、とある平日の開店前に行き、1巡目に無事に入れたので人気カレーを食べてきました。

OXYMORONは開店後すぐに混雑。座席数も少なめ

こじんまりとした店内は開店すぐに混雑してきました。

座席数は17席とあるとおり、数人のグループが何組か入ると埋まってしまいます。

カウンター席は一人での来店にいい感じです。

それでは、店内の9割が女性というほど、女性を虜にする秘密を探って行きます!

「嵐にしやがれ」で紹介されたオクシモロンのカレーを食す

 

オクシモロンの人気のそぼろカレー

付け合わせのピクルスと一緒に出てきたのはエスニックそぼろカリーです。

こちらのカレーは以前テレビ番組「嵐にしやがれ」のカレーデスマッチで新感覚そぼろカレーとしてご紹介されていました。

パクチーが入ったオクシモロンのカレー

カリカリのひき肉にパラパラとしたご飯、そしてネギ、三つ葉、大葉、パクチーがたっぷり盛られたそぼろカリーは、見た目からテンションをあげてくれます。

ピーナッツの歯ごたえもアクセントになっています。パクチー好きの私としてはとにかくハマってしまう味。

ナンプラーでしっかりと炒めたそぼろですが、香菜と混ぜたりレモンをかけることでさっぱりと食べられます。

食後には白い包み紙に入ったくるみのおやつがお口直しとして出てきたのもよかったです。

 

オクシモロンの器はイイホシユミコさん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kkiracafeさん(@hdaimama)がシェアした投稿

オクシモロンの料理をさらに素敵に演出してくれているのがイイホシユミコさんという人気作家さんの器たち

お店のコンセプトやイメージに合わせ「OXYMORONシリーズ」として作られています。

お店の要望は「かわいい」印象がない器というように、とてもシンプル。でも味があって素敵な食器でした。

一緒に行った友人と同じメニューを頼んでも違う種類のお皿が出てきたので、目でも楽しめましたよ^ ^

オクシモロンのカレーは、食べた後にすぐに「また食べたい!」となってしまう病みつきカレーでした。

 

オクシモロン二子玉川店のアクセス

オクシモロン 行き方

「二子玉川駅」の改札(1つ)を出て左に進み、建物沿いに右に向かって行くとすぐに交差点があります。

交差点をみずほ銀行側に渡ったところがオクシモロンが入る「玉川高島屋」です。

MICO

タマタカは本館と南館と2つあります。オクシモロンがある南館はみずほ銀行の隣り側です
 

南館の7階にも飲食店が入っていますが、オクシモロンは「外のお店」ですので、お間違いのないようにください♪

同じ階にはスタバがあるのでそこでお茶しながら待つこともできます^ ^

店舗基本情報

店名 オクシモロン 二子玉川 (OXYMORON)
ジャンル カレーライス、カフェ
お問い合わせ

03-6805-6505

予約可否

予約不可

住所

東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C南館 7F

交通手段

東急田園都市線/東急大井町線 「二子玉川駅」下車
西口(国道246号方面)徒歩2分)

二子玉川駅から198m

営業時間

11:00~19:00(L.O.18:00)

日曜営業

定休日

元日(※臨時休業などはblogで告知)

 

オクシモロンの感想まとめ

オクシモロンは開店前から並ぶ人気店です。

1巡目で入店するならば20分前くらいに到着すると安心です。

もしその後で入るならば、1巡目の人たちが11時から食べて出てくる12時半頃も狙い目かなと思いました。

店内も食器もシンプルに丁寧な暮らしを再現したかのような雰囲気。

カレーが美味しいのはもちろんですが、食器を含めた全てが女性の心を掴んでいるんですね。

これから行かれる方はぜひ、美味しいカレーを味わってきてくださいね^ ^

以上「【オクシモロン二子玉川店の混雑状況や待ち時間】人気カレー店のメニューも大公開」のブログ記事でした。

MICO

オクシモロン二子玉川の混雑状況やメニューが気になるあなたのお役に立てましたら嬉しいです