【おからコーヒーダイエット】マズイってほんと?味や分量まとめ

おからコーヒーダイエットのブログ記事

魔法の痩せる粉として人気のおからパウダー。

コーヒーに溶かすだけでダイエット効果が上がるとして、ダイエット外来・糖尿病内科・漢方治療を専門の医師工藤孝文先生により考案されました。

MICO

工藤孝文先生は『世界一受けたい授業』『ホンマでっか!?TV』などたくさんメディアに出演されていますよね

その名もおからコーヒーダイエット。

おからパウダーをコーヒーに溶かして飲むダイエット法は手軽に毎日に取り入れることができ、お肌の調子もアップさせるなど女性にとって嬉しい効果もたくさんです。

アラフォーダイエット中の管理人はおからパウダーをコーヒーに入れて飲むこと2ヶ月が経ちました。

現在実践中で感じていることは下記のとおり。

  • おからコーヒーがマズイ!の声は多め
  • おからパウダーをコーヒーに入れるなら微粒タイプが必須
  • おからコーヒーが飲みにくいなら牛乳をプラス
  • おからコーヒーを飲むなら朝がベスト

こちら一つずつご紹介していきます(╹◡╹)

おからコーヒーダイエットについてあなたのお役に立てましたら幸いです♪

おからパウダーをコーヒーに入れるダイエット効果とは?

おからパウダー

パサパサして使い方もあまり思い浮かばない・・そんなおからですが、その栄養の豊富さはすごいものです。

おからパウダーには体内の痩せホルモン「アディポネクチン」を増加する働きがあります。

アディポネクチンは何がいいの?

アディポネクチンには運動をしなくても、運動をしているのと同じように脂肪や糖を燃やす働きがあります。

そのホルモンが増加するということは、何もしなくても脂肪燃焼効果があるということ。

つまり、太りにくい体に近づくことができます。

MICO

アディポネクチンをたくさん分泌できると痩せ体質になるってことですね

そして、相乗効果をあげられるのが、同じく脂肪燃焼効果のあるコーヒーと一緒に摂ること。

コーヒーと合わせるとアディポネクチンの濃度を高められることが判明していると工藤孝文先生が解説されています。

専門医による詳しい説明が読める本はこちら

 

おからパウダーをコーヒーに入れる分量や目安

作り方

おからパウダーをコーヒーに溶かす

  • インスタントコーヒーの粉( 小さじ2/1程度・濃さはお好みで)
  • おからパウダー(小さじ1)
  • お湯(適量)

おからパウダーとインスタントコーヒーの粉をカップに入れて、お湯を注ぎ、よく混ぜて溶かすだけ。

大体、コーヒー1杯に対して、おからパウダーは小さじ1杯くらいが目安となっています。

 

おからパウダーが溶けない場合は微粒タイプを選ぶ

コーヒーにおからパウダー入れても溶けないんだけど?

そうなんです。

溶けても、どうしても最後の方はおからパウダーの溶け残りが出てきてしまいます。

少しでも口当たりよく、溶け残りが無いようにするには

  • 微粒タイプのおからパウダーを選ぶこと
  • 混ぜながら飲むこと

とすると大分飲みやすくなりますよ(╹◡╹)

私は富澤商店のおからパウダーより、味源のおからパウダーの方が溶け残りが少なく飲みやすかったです。

富澤商店のおからパウダーも微粒タイプでしたが、あじげんの方はさらに微粒なのかも。

MICO

  微粒タイプなら一緒かと思いましたが、細かさの具合で、コーヒーへの溶けにく・飲みにくいはだいぶ解消されましたよ(╹◡╹)

その他の超微粒タイプはこちら

 

おからコーヒーを飲むタイミングは朝一や食前

食事より先におからコーヒーを飲むことがポイント

おからパウダーは膨らむ

 

おからパウダーは水分を含むとおなかの中で約3倍に膨らみます。

そのため、朝一番におからパウダーを溶かしたコーヒーを飲むことで、満腹感が得られ最初の食事から量を調整することができます。

朝1番で飲むのが難しければ、ランチの前や夕食の前、おやつ代わりにと、食事の前に飲むとおなかが満たされ、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができます。

 

1日にたくさん飲むよりは毎日続けて飲むこと

おからコーヒーは食事の前やおやつ代わりにとちょこちょこ飲むと、満腹感を感じる時間が長くなり効果的ですが、多くても1日に4杯くらいまで。

MICO

1日にたくさん飲むことより、毎日1杯のおからコーヒーを長い期間続けた方が良いですよ

 

おからパウダーとコーヒー、まずいの声多し?

おからパウダーをコーヒーに溶かしてみるとソイラテ風なんて聞くけど実際は?

「まずい・・飲みにくい・・」という声はやはりありますね。

ブラックコーヒー派の人には、特に感じる模様。

私の場合、確かにあまり美味しいわけじゃないですが慣れるもんで、今では全然気になりません。

また、マズイと感じる一つに、「舌触りの悪さ」も原因かと思っています。

MICO

コーヒーに入れるなら断然、微粒タイプのおからパウダーを選びたいところですね。
 

超微粒タイプはこちら

 

どうしてもおからコーヒーが飲みにくいなら・・

おからパウダーをコーヒーに入れて飲みにくい時、私は牛乳とオリゴ糖をプラスしてカフェオレにしてからおからパウダーを入れて飲んでます。

これだと美味しいです♪

おからのアイスコーヒーバージョンも美味しいですよ。

おからパウダーとアイスコーヒー

ただ、牛乳を入れることで糖質も脂質もカロリーも増えてしまいます(><)

糖質制限中の場合はおからコーヒー+生クリームで

 

糖質制限で牛乳を摂っていない場合は、生クリームで美味しくいただけます。

生クリームって糖質制限中でも大丈夫なの?

MICO

生クリームの主成分は脂肪であり糖質ではないので大丈夫なんです

高カロリーのイメージがありますが、低糖質の食品なんですね。

どうしても「おからパウダーとコーヒーの味がムリ!」って方はよかったら試してみてください 。

また、おからパウダーの商品の中には糖質0のタイプもあります。

私が利用してみた感想としては他のおからパウダーよりは溶けにくい&若干の大豆臭さがありました。

「味よりも糖質制限を優先に!」という方には糖質0タイプも♪

糖質0にこだわるならこちら

 

おからパウダーとコーヒーの効果まとめ

私はおからパウダーダイエットをはじめてから、毎日おからコーヒーも一緒に飲んでいます♪

おからパウダーダイエットの体験談はこちらでご紹介しています。おからパウダーの効果レビュー【感想】おからパウダーダイエットの効果は本当?続けてわかった事や注意点

 

正直、やはり運動も必要で「おからパウダーとコーヒーだけでするする痩せる訳ではない」と感じていますが、お通じの改善やお肌の調子が良くなったりといいこともたくさん♪

MICO

何よりも女性の美容と健康に嬉しい大豆イソフラボンを気軽に摂取できるのが嬉しい

おからコーヒーはダイエットの補助的なもの、そして体質を少しづつ変えていくものとしては取り入れやすく、続けやすいです。

まずは3週間から続けてみてください♪

 

以上、「おからコーヒーダイエット!マズイってほんと?味や分量まとめ」の記事でした。

おからコーヒーってどうなの?味と分量について気になるあなたのお役に立てましたら幸いです(╹◡╹)

超微粒タイプはこちら